川崎市高津区溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック

川崎市高津区溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック

川崎市高津区溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニックの診療時間は(火~土)9:00~12:30 14:30~18:00 休診:月曜、日・祝

川崎市高津区溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニックの電話番号044-455-7500

ネット予約はこちら

田園都市線溝の口駅・南武線武蔵溝ノ口駅より徒歩3分

半夏厚朴湯の
効果・作用・副作用

公開日 2023.12.25

作用・特徴

半夏厚朴湯は不安や気分の落ち込みをやわらげ、ストレスによるのどのつかえ感を改善する作用があります1)、(図1)。

図1 半夏厚朴湯の作用と効果

半夏厚朴湯の作用と効果

ストレスによるのどのつかえ感はヒステリー球と呼ばれています。

妊娠悪阻(つわり)や、妊娠中の不安・うつ状態の治療にも使用されます。

妊娠中の使用での胎児への有害事象の増加は認められないことが報告されています2)。

誤嚥性肺炎の予防効果があることが示されています3)。

使用目標(証)は、体力中等度以下の人で、顔色がすぐれず、神経症的傾向があり、咽喉が塞がる感じ(いわゆるヒステリー球)を訴える場合に用います(図2)。

  • 1)気分がふさぎ、不眠、動悸、精神不安などを訴える場合
  • 2)呼吸困難、咳嗽、胸痛などを伴う場合
  • 3)心窩部の振水音を伴う場合

とされています。

図2 東洋医学的使用目標

東洋医学的使用目標

半夏厚朴湯は脳内でセロトニン・ノルアドレナリン・ドパミンの濃度を上昇させることが報告されています4)、(図3)。

図3 半夏厚朴湯による脳内のセロトニン・ノルアドレナリン・ドパミン濃度の増加

半夏厚朴湯による脳内のセロトニン・ノルアドレナリン・ドパミン濃度の増加

抗うつ薬に似たこの作用により、抗不安・抗うつ作用を有すると考えられています。

半夏厚朴湯は以下の生薬から構成されています(図4)。

  • 半夏
  • 茯苓
  • 厚朴
  • 蘇葉
  • 生姜

図4 半夏厚朴湯の構成生薬

半夏厚朴湯の構成生薬

厚朴に含まれるホノキオールという成分が抗不安作用に関与しているとされています5)。

剤型

医薬品のツムラの漢方薬(16番)は1包顆粒2.5gとなっています(図5)。

図5 半夏厚朴湯の剤型(ツムラ医療用)

半夏厚朴湯の剤型(ツムラ医療用)

効能・効果

気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症がみられます。

  • 不安神経症
  • 神経性胃炎
  • つわり
  • せき
  • しわがれ声
  • 神経性食道狭窄症
  • 不眠症

用法・用量[ツムラ半夏厚朴湯(医療用)]

通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に内服します。

なお、年齢、体重、症状により適宜増減します。

副作用

頻度は不明ながら以下が挙げられています。

  • 発疹
  • 発赤
  • そう痒
  • 肝機能異常

参考

  • 1) Kagohashi K, et al. : Effect of a traditional herbal medicine, hangekobokuto, on the sensation of a lump in the throat in patients with respiratory diseases. Biomed Rep, 4 : 384-386, 2016.
  • 2) Michihata N, et al. Safety of Japanese herbal Kampo medicines for the treatment of depression during pregnancy. Int J Gynaecol Obstet, 159 : 865-869, 2022.
  • 3) Kawago K, et al. : A Double-Blind Randomized Controlled Trial to Determine the Preventive Effect of Hangekobokuto on Aspiration Pneumonia in Patients Undergoing Cardiovascular Surgery. Ann Thorac Cardiovasc Surg, 25 : 318-325, 2019.
  • 4) Kaneko A, et al. : Hange-koboku-to, a Kampo medicine, modulates cerebral levels of 5-HT (5-hydroxytryptamine), NA (noradrenaline) and DA (dopamine) in mice. Phytother Res, 19 : 491-5, 2005.
  • 5) Kuribara H, et al. : The anxiolytic effect of two oriental herbal drugs in Japan attributed to honokiol from magnolia bark. J Pharm Pharmacol, 52 : 1425-9, 2000.

漢方関連コラム一覧

執筆者:高津心音メンタルクリニック 院長 宮本浩司

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会認定専門医・指導医

医師紹介ページはこちらから

症状から探す
頭が働かない
寝つきが悪い
やる気が起きない
不安で落ち着かない
朝寝坊が多い
人の視線が気になる
職場に行くと体調が悪くなる
電車やバスに乗ると息苦しくなる
病名から探す
うつ病
強迫性障害
頭痛
睡眠障害
社会不安障害
PMDD
パニック障害
適応障害
過敏性腸症候群
心身症
心的外傷後ストレス障害
身体表現性障害
発達障害
ADHD
気象病
テクノストレス
バーンアウト症候群
ペットロス(症候群)
更年期障害

問診票をダウンロードする


ネット予約する


川崎市溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック院長コラム


川崎市溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック漢方コラム

このページの先頭へ戻る