川崎市高津区溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック

川崎市高津区溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック

川崎市高津区溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニックの診療時間は(火~土)9:00~12:30 14:30~18:00 休診:月曜、日・祝

川崎市高津区溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニックの電話番号044-455-7500

ネット予約はこちら

田園都市線溝の口駅・南武線武蔵溝ノ口駅より徒歩3分

不眠症に対する睡眠薬の効果
最新の比較

公開日 2023.2.2

2023年1月Yue JLらは成人の不眠症に対する薬剤の有効性と忍容性の比較の解析を報告しました1)。

入眠に対する薬剤の効果の比較では以下の順で有効な結果でした(日本未承認薬を除く)、(図1)。

  • ゾルピデム(マイスリー)
  • レンボレキサント(デエビゴ)
  • メラトニン(メラトベル)
  • トリミプラミン(スルモンチール)
  • ロルメタゼパム(エバミール・ロラメット)
  • スボレキサント(ベルソムラ)
  • ジフェンヒドラミン(レスタミンコーワ)、(市販薬のドリエル)
  • エスゾピクロン(ルネスタ)
  • ゾピクロン(アモバン)
  • トラゾドン(デジレル・レスリン)
  • トリアゾラム(ハルシオン)

図1 不眠症の入眠に対する薬剤の有効性の比較

不眠症の入眠に対する薬剤の有効性の比較

中途覚醒に対する効果は以下の順で有効な結果でした(日本未承認薬を除く)、(図2)。

  • レンボレキサント(デエビゴ)
  • ゾルピデム(マイスリー)
  • トラゾドン(デジレル・レスリン)
  • スボレキサント(ベルソムラ)
  • エスゾピクロン(ルネスタ)
  • ゾピクロン(アモバン)
  • メラトニン(メラトベル)
  • ラメルテオン(ロゼレム)

図2 中途覚醒に対する薬剤の効果の比較

中途覚醒に対する薬剤の効果の比較

総睡眠時間の確保への効果は以下の順で有効な結果でした(日本未承認薬を除く)、(図3)。

  • レンボレキサント(デエビゴ)
  • ゾルピデム(マイスリー)
  • スボレキサント(ベルソムラ)
  • ラメルテオン(ロゼレム)
  • エスゾピクロン(ルネスタ)
  • メラトニン(メラトベル)

図3 総睡眠時間の確保に対する薬剤の効果の比較

総睡眠時間の確保に対する薬剤の効果の比較

睡眠効率(実際の睡眠時間÷実際にベッド・布団にヨコになっていた時間×100)に対しては以下の順で有効でした(日本未承認薬を除く)、(図4)。

  • レンボレキサント(デエビゴ)
  • ゾルピデム(マイスリー)
  • トリミプラミン(スルモンチール)
  • スボレキサント(ベルソムラ)
  • ロルメタゼパム(エバミール・ロラメット)
  • トラゾドン(デジレル・レスリン)
  • ラメルテオン(ロゼレム)
  • エスゾピクロン(ルネスタ)
  • メラトニン(メラトベル)

図4 不眠症における睡眠効率(睡眠時間/就床時間×100)に対する薬剤の比較

不眠症における睡眠効率(睡眠時間/就床時間×100)に対する薬剤の比較

忍容性は以下の順で良好は結果でした(日本未承認薬を除く)、(図5)。

  • ロルメタゼパム(エバミール・ロラメット)
  • メラトニン(メラトベル)
  • レンボレキサント(デエビゴ)
  • ラメルテオン(ロゼレム)
  • トリミプラミン(スルモンチール)
  • ゾルピデム(マイスリー)
  • スボレキサント(ベルソムラ)
  • エスゾピクロン(ルネスタ)
  • ブロチゾラム(レンドルミン)
  • トリアゾラム(ハルシオン)

図5 不眠症に対する睡眠剤の忍容性の比較

不眠症に対する睡眠剤の忍容性の比較

これらの結果から著者らはオレキシン受容体拮抗薬が効果、忍容性において良好で中でもレンボレキサント(デエビゴ)が優れた結果であったと述べています。

(入眠に対する有効性と中途覚醒に対する有効性は米国で2022年に3剤目のオレキシン受容体拮抗薬として承認されたダルドレキサントが最も優れていました。)

Zドラッグ(ゾルピデム、ゾピクロン、エスゾピクロン)は有効性は認められるものの、忍容性・安全性へのリスクがあることを指摘しています。

Yue JLらの報告に先立ち、2022年6月De Crescenzo Fらによって成人の不眠症に対する薬物治療の効果を比較した研究結果が報告されていました2)。

この研究の解析では、4週間の短期間での薬剤の有効性の比較では、以下の順で有効な結果でした(日本未承認薬を除く)、(図6)。

  • 短時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬
  • 中間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬
  • 長時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬
  • トラゾドン(デジレル・レスリン)
  • エスゾピクロン(ルネスタ)
  • ゾピクロン(アモバン)
  • ゾルピデム(マイスリー)
  • レンボレキサント(デエビゴ)
  • スボレキサント(ベルソムラ)

図6 短期間における不眠症に対する睡眠薬の効果の比較

短期間における不眠症に対する睡眠薬の効果の比較

3か月以上の長期間における薬剤の有効性の比較では、以下の2剤が有効な結果でした(図7)。

  • エスゾピクロン(ルネスタ)
  • レンボレキサント(デエビゴ)

図7 長期間における不眠症に対する睡眠薬の効果の比較

長期間における不眠症に対する睡眠薬の効果の比較

4週間の短期間での薬剤の忍容性の比較では以下の2剤が忍容性が低い結果でした。

  • ゾピクロン(アモバン):オッズ比2.01
  • ゾルピデム(マイスリー):オッズ比1.77

3か月以上の長期間における薬剤の忍容性の比較ではゾルピデムが忍容性の低い結果(オッズ比2.02)でした。

安全性の比較では以下の順に安全性が低い結果でした(図8)。

  • 長時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬
  • 短時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬
  • ゾピクロン(アモバン)
  • エスゾピクロン(ルネスタ)
  • 中間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬
  • ゾルピデム(マイスリー)

図8 不眠症に対する睡眠薬の安全性の比較

不眠症に対する睡眠薬の安全性の比較

これらの結果から著者らは、全体として不眠症に対し、エスゾピクロン(ルネスタ)とレンボレキサント(デエビゴ)が良好な薬剤プロフィールを有するとしつつも、エスゾピクロン(ルネスタ)は有害事象の懸念があり、レンボレキサント(デエビゴ)は現段階では安全性の確率は不十分と述べていました。

今回の2023年1月のYue JLの解析でレンボレキサント(デエビゴ)の忍容性・安全性はより明確になったと言えます。

文献

  • 1)Yue JL, et al. : Efficacy and tolerability of pharmacological treatments for insomnia in adults: A systematic review and network meta-analysis. Sleep Med Rev, 68 : 101746, 2023.
  • 2)De Crescenzo F, et al. : Comparative effects of pharmacological interventions for the acute and long-term management of insomnia disorder in adults: a systematic review and network meta-analysis. Lancet, 400 : 170-184, 2022.

睡眠薬の関連コラム一覧

執筆者:高津心音メンタルクリニック 院長 宮本浩司

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会認定専門医・指導医

医師紹介ページはこちらから

症状から探す
頭が働かない
寝つきが悪い
やる気が起きない
不安で落ち着かない
朝寝坊が多い
人の視線が気になる
職場に行くと体調が悪くなる
電車やバスに乗ると息苦しくなる
病名から探す
うつ病
強迫性障害
頭痛
睡眠障害
社会不安障害
PMDD
パニック障害
適応障害
過敏性腸症候群
心身症
心的外傷後ストレス障害
身体表現性障害
発達障害
ADHD
気象病
テクノストレス
バーンアウト症候群
ペットロス(症候群)
更年期障害

問診票をダウンロードする


ネット予約する


川崎市溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック院長コラム


川崎市溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック漢方コラム

このページの先頭へ戻る