川崎市高津区の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック|川崎市 高津区

川崎市高津区の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック

川崎市高津区の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニックの診療時間は(火~土)9:00~12:30 14:30~18:00 休診:月曜、日・祝

川崎市高津区の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニックの電話番号044-455-7500

ネット予約はこちら

東急大井町線、東急田園都市線「高津」駅より徒歩2分

過敏性腸症候群(IBS)について

症状・分類

過敏性腸症候群(IBS:irritable bowel syndrome)は、内視鏡検査などによる腸の検査では異常はないものの、下痢や便秘を生じ、それに伴い腹痛、腹部膨満感等が生じる疾患です。

主に以下の3タイプに主に分類されます(図1)。

  • 下痢が主な症状となる“下痢型IBS”
  • 便秘が主な症状となる“便秘型IBS”
  • 下痢と便秘の両方を伴う“混合型IBS”

図1 過敏性腸症候群(IBS)の主な3タイプ

下痢型IBSでは、朝の通学時、通勤時に満員電車の中で腹痛、便意をもよおし、トイレにかけこむ。テストやプレゼンなど大事な日に腹痛、下痢が生じるといった症状がみられやすいです。

便秘型IBSでは、主に女性で、不快なおなかの張りと便秘が、仕事や育児のストレスとともに生じるといった症状がみられやすいです。

疫学

有病率は約9%で男性より女性に多いと報告されています1)。

発症リスクとして、以下の要因等が挙げられています2)~4)。

  • 遺伝
  • 食事による影響
  • 腸内細菌の関連
  • 感染性胃腸炎
  • 炎症性腸疾患
  • 不安、ストレス、うつ病

過敏性腸症候群では精神疾患・身体疾患の併存率が高いことがわかっています。

以下の疾患などの併存率の高さが指摘されています4)~10)。

  • うつ病
  • 双極性障害
  • 不安障害
  • 睡眠障害
  • レストレスレッグス症候群
  • 子宮内膜症
  • 線維筋痛症

身体疾患の中でもIBSと同様に、ストレスが関与する消化管障害として、胃食道逆流症、機能性ディスペプシアとの併存がみられることが報告されています11)、(図2)。

図2 過敏性腸症候群(IBS)、胃食道逆流症(GERD)、機能性ディスペプシア(FD)の併存関係

また、小腸内で細菌が増殖し、腹痛、腹満感、便秘、下痢等が生じる小腸内細菌異常増殖(SIBO:small intestinal bacterial overgrowth)との併存が多いことが報告されています12)、13)。

病因・病態

上記の発症リスクが起因、関与しつつ、一般には主にストレスが大きく影響しています。

過敏性腸症候群ではストレスがかかると、腸の動きが亢進することがわかっています。

同時に腸の動きが亢進すると、脳が不安を感じやすくなっています14)。

これらは脳と腸が密接に関連しており従来「脳腸相関」と呼ばれていましたが、近年はより直接的な関係にあるとされ「脳腸軸(gut-brain axis:GBA)」と呼ばれています(図3)。

図3 過敏性腸症候群(IBS)における脳腸軸(gut-brain axis)

治療

食事の改善や薬による治療が用いられます(図4)。

下痢型IBSでは主に以下の薬が用いられます。

  • ラモセトロン(商品名:イリボー)
  • ポリカルボフィルカルシウム(商品名:コロネル・ポリフル)
  • トリメブチンマレイン(商品名:セレキノン)(セレキノンは2023年販売中止)

便秘型IBSでは主に以下の薬が用いられます。

  • ルビプロストン(商品名:アミティーザ)
  • リナクロチド(商品名:リンぜス)
  • エロビキシバット(商品名:グーフィス)
  • モサプリド(商品名:ガスモチン)

混合型IBSでは主に以下の薬が用いられます。

  • ポリカルボフィルカルシウム(商品名:コロネル・ポリフル)
  • トリメブチンマレイン(商品名:セレキノン)

図4 過敏性腸症候群(IBS)の各タイプに使用する薬剤

プロバイオティクス(乳酸菌などの腸内細菌叢を整える菌や、それらの菌を含む薬や食品)も有効であると報告されており15)、医薬品では主に以下のものが使用されます。

  • ビオスリー配合錠、ビオスリー配合散
  • ラックビー微粒N、ラックビー錠
  • ビオフェルミン錠、ビオフェルミン配合散
  • ミヤBM錠

IBSに対するプロバイオティクスの有効性の比較では、バチルス.コアグランス(Bacillus coagulans)の有効性の高さが報告されています15)、(図5)。

図5 過敏性腸症候群(IBS)に対するプロバイオティクスの有効性の比較

バチルス.コアグランスは身近なところではお菓子のビスコに入っています。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)、三環系抗うつ薬も有効であることが報告されています16)、17)。

そのため、うつ病や不安障害が併存している場合、ストレス負荷が強い場合には使用されることがあります。

漢方薬と西洋ハーブの有効性も報告されています18)~20)。

下痢型IBSでは桂枝加芍薬湯などが用いられることがあります。

便秘型IBSでは大建中湯などが用いられることがあります。

西洋ハーブではペパーミントオイルが有効とされています20)。

ビタミンD欠乏がある場合はビタミンDを補充することで、IBSの改善の効果が得られることが報告されています21)。

近年、発症に免疫・アレルギーが関与していることが徐々に解明されてきており22)、23)、抗アレルギー剤を使用することもあります。

文献

  • 1)Oka P, et al. : Global prevalence of irritable bowel syndrome according to Rome III or IV criteria: a systematic review and meta-analysis. Lancet Gastroenterol Hepatol, 5 : 908-917, 2020.
  • 2)Black CJ, Ford AC. : Global burden of irritable bowel syndrome: trends, predictions and risk factors. Nat Rev Gastroenterol Hepatol, 17 : 473-486, 2020.
  • 3)Fairbrass KM, et al. : Prevalence of irritable bowel syndrome-type symptoms in patients with inflammatory bowel disease in remission: a systematic review and meta-analysis. Lancet Gastroenterol Hepatol, 5 : 1053-1062, 2020.
  • 4)Lee C, et al. : The Increased Level of Depression and Anxiety in Irritable Bowel Syndrome Patients Compared with Healthy Controls: Systematic Review and Meta-analysis. J Neurogastroenterol Motil, 23 : 349-362, 2017.
  • 5)Fond G, et al. : A meta-analysis and systematic review of the comorbidity between irritable bowel syndrome and bipolar disorder. Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci, 264 : 651-60, 2014.
  • 6)Grzesiak M, et al. : The lifetime prevalence of anxiety disorders among patients with irritable bowel syndrome. Adv Clin Exp Med, 23 : 987-92, 2014.
  • 7)Wang B, et al. : Prevalence of sleep disorder in irritable bowel syndrome: A systematic review with meta-analysis. Saudi J Gastroenterol, 24 : 141-150, 2018.
  • 8)Guo J, et al. : Bidirectional association between irritable bowel syndrome and restless legs syndrome: a systematic review and meta-analysis. Sleep Med, 77 : 104-111, 2021.
  • 9)Nabi MY, et al. : Endometriosis and irritable bowel syndrome: A systematic review and meta-analyses. Front Med (Lausanne), 9 : 914356, 2022.
  • 10)Settembre C, et al. : Association among Disorders of Gut-Brain Interaction (DGBI) and Fibromyalgia: A Prospective Study. J Clin Med, 11 : 809, 2022.
  • 11)Kaji M, et al. : Prevalence of overlaps between GERD, FD and IBS and impact on health-related quality of life. J Gastroenterol Hepatol, 25 : 1151-6, 2010.
  • 12)Chen B, et al. : Prevalence and predictors of small intestinal bacterial overgrowth in irritable bowel syndrome: a systematic review and meta-analysis. J Gastroenterol, 53 : 807-818, 2018.
  • 13)Shah A, et al. : Small Intestinal Bacterial Overgrowth in Irritable Bowel Syndrome: A Systematic Review and Meta-Analysis of Case-Control Studies. Am J Gastroenterol, 115 : 190-201, 2020.
  • 14)Hadjivasilis A, et al. : New insights into irritable bowel syndrome: from pathophysiology to treatment. Ann Gastroenterol, 32 : 554-564, 2021.
  • 15)Zhang T, et al. : Efficacy of Probiotics for Irritable Bowel Syndrome: A Systematic Review and Network Meta-Analysis. Front Cell Infect Microbiol, 12 : 859967, 2022.
  • 16)Ford AC, et al. : Effect of Antidepressants and Psychological Therapies in Irritable Bowel Syndrome: An Updated Systematic Review and Meta-Analysis. Am J Gastroenterol, 114 : 21-39, 2019.
  • 17)Black CJ, et al. : Efficacy of soluble fibre, antispasmodic drugs, and gut-brain neuromodulators in irritable bowel syndrome: a systematic review and network meta-analysis. Lancet Gastroenterol Hepatol, 5 : 117-131, 2020.
  • 18)Saitoh K, et al. : Effects of Keishi-ka-shakuyaku-to (Gui-Zhi-Jia-Shao-Yao-Tang) on diarrhea and small intestinal movement. Biol Pharm Bull, 22 : 87-9, 1999.
  • 19)嶋田 豊. : IBSの漢方治療. 診断と治療, 8 : 1065-1068, 2015.
  • 20)Hawrelak JA, et al. : Western herbal medicines in the treatment of irritable bowel syndrome: A systematic review and meta-analysis. Complement Ther Med, 48 : 10223, 2020.
  • 21)Huang H, et al. : The efficacy of vitamin D supplementation for irritable bowel syndrome: a systematic review with meta-analysis. Nutr J, 21 : 24, 2022.
  • 22)Katsumata R, et al. : Cytokine Profile and Immunoglobulin E-mediated Serological Food Hypersensitivity in Patients With Irritable Bowel Syndrome With Diarrhea. J Neurogastroenterol Motil, 24 : 415-421, 2018.
  • 23)Peruhova M, et al. : Specific Immunoglobulin E and G to Common Food Antigens and Increased Serum Zonulin in IBS Patients: A Single-Center Bulgarian Study. Antibodies (Basel), 11 : 23, 2022.
症状から探す
頭が働かない
寝つきが悪い
やる気が起きない
不安で落ち着かない
朝寝坊が多い
人の視線が気になる
職場に行くと体調が悪くなる
電車やバスに乗ると息苦しくなる
病名から探す
うつ病
強迫性障害
頭痛
睡眠障害
社会不安障害
PMDD
パニック障害
適応障害
過敏性腸症候群
心身症
心的外傷後ストレス障害
身体表現性障害
発達障害
ADHD
気象病
テクノストレス
バーンアウト症候群
ペットロス(症候群)
更年期障害

問診票をダウンロードする


ネット予約する


川崎市の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック院長コラム

このページの先頭へ戻る