川崎市高津区溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック

川崎市高津区溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック

川崎市高津区溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニックの診療時間は(火~土)9:00~12:30 14:30~18:00 休診:月曜、日・祝

川崎市高津区溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニックの電話番号044-455-7500

ネット予約はこちら

田園都市線溝の口駅・南武線武蔵溝ノ口駅より徒歩3分

フルニトラゼパム(サイレース・ロヒプノール)
の特徴・作用・副作用

公開日 2023.7.31

作用・特徴

フルニトラゼパムは強力な催眠作用を有する睡眠剤です。

中間型ベンゾジアゼピン系睡眠剤に属し、入眠困難、中途覚醒に効果があります。

通常、一般的な睡眠剤で効果が得られない強い不眠に対し、限定的に使用されてきました。

フルニトラゼパムは、ニトラゼパム(先発医薬品名:ベンザリン・ネルボン)をもとに開発されました(図1)。

図1 ニトラゼパムとフルニトラゼパムの化学構造式

ニトラゼパムとフルニトラゼパムの化学構造式

ニトラゼパムより約5倍強い催眠作用を有し、筋弛緩作用、抗けいれん作用も有しています1)、(図2)。

図2 ニトラゼパムとフルニトラゼパムの作用の強さの比較

ニトラゼパムとフルニトラゼパムの作用の強さの比較

1984年からエーザイ株式会社からサイレースの商品名で、中外製薬からロヒプノールの商品名で発売されました。

フルニトラゼパムと同じく強力な催眠作用を有し、依存・耐性・離脱症状が問題になるとともに、犯罪に悪用がされることがあり、販売中止となったニメタゼパム(商品名:エリミン)と構造式が類似していることが知られています(図3)。

図3 ニトラゼパムとフルニトラゼパムの化学構造式

ニトラゼパムとフルニトラゼパムの化学構造式

このため、フルニトラゼパムも諸外国を含め、犯罪への利用が多くあり、各国で販売中止となっています。

日本では2018年にロヒプノールが発売中止になりましたが、これは犯罪使用などへの対策でなく、サイレースを発売しているエーザイ株式会社が、ロヒプノールを発売している中外製薬から2017年に権利を委譲されたことにより、販売をサイレースに1本化したためです。

剤型

錠剤が1mg錠と2mg錠があります(図4)。

注射液2mgもあります(図5)。

図4 フルニトラゼパム(先発医薬品:サイレース)の剤型(錠剤)

フルニトラゼパム(先発医薬品:サイレース)の剤型(錠剤)

図5 サイレース注射液の剤型

サイレース注射液の剤型

錠剤にはあえて青色の色素を混ぜており、水に溶かしたりすると青くなるようして、犯罪等への使用の抑止が図られています。

効能・効果

効能・効果は不眠症、麻酔前投薬となっています。

用法・用量

用法・用量は、通常成人1回、0.5~2mgを就寝前又は手術前に内服します。

なお、年齢・症状により適宜増減しますが、高齢者には1回1mgまでとするとなっています。

薬物動態

フルニトラゼパム2mgを1回内服した際は、血液中の濃度は約45分で最高濃度に達し、約21時間後に半減します(図6)。

図6 フルニトラゼパム2mgを1回内服した際の血中濃度の推移

フルニトラゼパム2mgを1回内服した際の血中濃度の推移

フルニトラゼパム2mgを毎日内服すると、3日目から5日目で一定の濃度に達し、最高血中濃度は1日1回内服時の約1.3倍となります2)、(図7)。

図7 フルニトラゼパム2mgを毎日内服した際の血中濃度

フルニトラゼパム2mgを毎日内服した際の血中濃度

食後に内服すると、最高血中濃度は空腹時内服の半分ほどしか上昇せず、約3.5時間で最高濃度に達するため、空腹時より効果発現が遅れます3)、(図8)。

図8 フルニトラゼパム2mgを空腹時と食後に内服した際の血中濃度の推移

フルニトラゼパム2mgを空腹時と食後に内服した際の血中濃度の推移

フルニトラゼパム2mgを静脈内投与した際は、投与直後に最高濃度に達し、3相性に半減します。

約8分後に1相目の半減となり、約2時間後に2相目の半減となり、約24時間後に3相目の半減となります(図9)。

図9 フルニトラゼパム2mgを静脈内投与した際の血中濃度の推移

フルニトラゼパム2mgを静脈内投与した際の血中濃度の推移

内服での初回通過効果は約50%で、肝臓で主としてCYP3A4によって代謝されます4)、(図10)。

図10 フルニトラゼパムの肝臓での代謝

フルニトラゼパムの肝臓での代謝

代謝後は主として尿中に排泄されます。

副作用

調査症例13,205例中792例に副作用発現を認め、代表的なものは以下でした。

  • ふらつき(1.89%)
  • 眠気(1.81%)
  • 倦怠感(1.27%)

重大な副作用として以下があります。

  • 依存性
  • 呼吸抑制
  • 一過性前向性健忘、もうろう状態
  • 刺激興奮、錯乱
  • 意識障害
  • 肝機能障害
  • 横紋筋融解症
  • 悪性症候群

併用注意として以下が挙げられています。

  • アルコール
  • 中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体、鎮痛薬、麻酔薬等)
  • モノアミン酸化酵素阻害薬
  • シメチジン(先発医薬品名:タガメット)
    (タガメットは2023年4月販売終了となっています。)

飲酒との併用ではパフォーマンスに大きな影響を及ぼし、翌日朝の注意力に障害をもたらすことが報告されています5)。

スウェーデンの少年犯罪の調査では、フルニトラゼパムとアルコールの併用は記憶喪失、衝動的な暴力に関連していたことが報告されています6)。

文献

  • 1) 矢島 孝, 他. : Flunitrazepamの中枢薬理作用. 応用薬理, 21 : 123-142, 1981.
  • 2) 深沢 英雄, 他. : 健常日本人におけるFlunitrazepamの体内動態. 臨床薬理, 9 : 251-265, 1978.
  • 3) Bareggi SR, et al. : Effect of after-dinner administration on the pharmacokinetics of oral flunitrazepam and loprazolam. J Clin Pharmacol, 28 : 371-5, 1988.
  • 4) Hesse LM, et al. : CYP3A4 is the major CYP isoform mediating the in vitro hydroxylation and demethylation of flunitrazepam. Drug Metab Dispos, 2 : 133-40, 2001.
  • 5) Linnoila M, et al. : Effects of alcohol and flunitrazepam on mood and performance in healthy young men. J Clin Pharmacol, 21 : 430-5, 1981.
  • 6) Dåderman AM, Lidberg L. : Flunitrazepam (Rohypnol) abuse in combination with alcohol causes premeditated, grievous violence in male juvenile offenders. J Am Acad Psychiatry Law, 27 : 83-99, 1999.

執筆者:高津心音メンタルクリニック 院長 宮本浩司

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会認定専門医・指導医

医師紹介ページはこちらから

症状から探す
頭が働かない
寝つきが悪い
やる気が起きない
不安で落ち着かない
朝寝坊が多い
人の視線が気になる
職場に行くと体調が悪くなる
電車やバスに乗ると息苦しくなる
病名から探す
うつ病
強迫性障害
頭痛
睡眠障害
社会不安障害
PMDD
パニック障害
適応障害
過敏性腸症候群
心身症
心的外傷後ストレス障害
身体表現性障害
発達障害
ADHD
気象病
テクノストレス
バーンアウト症候群
ペットロス(症候群)
更年期障害

問診票をダウンロードする


ネット予約する


川崎市溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック院長コラム


川崎市溝の口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック漢方コラム

このページの先頭へ戻る