川崎市高津区溝口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック|気分が落ち込む やる気が起きない 不安 うつ 高津区 溝口 東急大井町線 東急田園都市線

川崎市高津区溝口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニック

川崎市高津区溝口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニックの診療時間は(火~土)9:00~12:30 14:30~18:00 休診:月曜、日・祝

川崎市高津区溝口の心療内科・精神科 高津心音メンタルクリニックの電話番号044-455-7500

ネット予約はこちら

東急大井町線、東急田園都市線「高津」駅より徒歩2分

ASD(自閉スペクトラム症)の治療に使用する薬
有効性の評価

過敏性に対する治療薬

ASDでは過敏性を有し、過敏性にアリピプラゾール(エビリファイ)とリスペリドン(リスパダール)が有効であることが報告されています 1)、 2)、(図1)。

またアリピプラゾール(エビリファイ)は多動、常同的な行動、不適切な発言などの行動のかたよりにも有効であることが報告されています3)。

図1 アリピプラゾールのASDの過敏性に対する効果

アリピプラゾールのASDの過敏性に対する効果

ASDとADHDは併存することがしばしばありますが、アリピプラゾール(エビリファイ)とリスペリドン(リスパダール)のいずれも、ASDに伴うADHDの症状を改善することが報告されています 4)。

2019年のColemanらの米国における26種の向精神薬及び抗てんかん薬のASDに対する有効性の評価の研究では、抗精神病薬ではアリピプラゾール(エビリファイ)が有効性と副作用のバランスにおいて優れていました 5)、(図2)。

図2 ASDに対する抗精神病薬の有効性の評価

ASDに対する抗精神病薬の有効性の評価

てんかんの治療薬

ASDではてんかんの併存率が高く 6)、抗てんかん薬を使用することが多いですが、抗てんかん薬ではラモトリギン(ラミクタール)が有効性と副作用のバランスにおいて優れていました(図3)。

図3 ASDのてんかんに対する抗てんかん薬の有効性の評価

ASDのてんかんに対する抗てんかん薬の有効性の評価

多動性、衝動性に対する非中枢神経刺激剤

ADHDの併存やADHD様症状がある場合にはADHD治療薬が使用される場合がありますが、非中枢神経刺激剤のADHD治療薬では、クロニジン(カタプレス)、グアンファシン(インチュニブ)が有効性と副作用のバランスにおいて優れていました(図4)。

図4 ASDに対するADHD治療薬(非中枢神経刺激剤)の有効性の評価

ASDに対するADHD治療薬(非中枢神経刺激剤)の有効性の評価

うつ、不安、反復行動に対する抗うつ薬

うつ症状や不安、反復行動、強迫症が併存した場合などに抗うつ薬のSSRIが使用されることがあります。ASDではてんかんの併存も多いですが、強迫症(強迫性障害)の併存も高いことが知られています 7)。

抗うつ薬ではセルトラリン(ジェイゾロフト)が有効性と副作用のバランスにおいて優れていました(図5)。

図5 ASDに対する抗うつ薬(SSRI)の有効性の評価

ASDに対する抗うつ薬(SSRI)の有効性の評価

従来、ASDに対し抗うつ薬ではセルトラリンの有効性が高いとされ使用されてきましたが、近年の解析では小児のASDに対しては否定的な結果もでており 8)、実際の個々の状態に応じ、慎重な使用、使い分けが必要と考えられます。

文献

  • 1)Fung LK, et al. : Pharmacologic Treatment of Severe Irritability and Problem Behaviors in Autism: A Systematic Review and Meta-analysis. Pediatrics, 137 : 124-35, 2016.
  • 2)Ichikawa H, et al. : Aripiprazole in the Treatment of Irritability in Children and Adolescents with Autism Spectrum Disorder in Japan: A Randomized, Double-blind, Placebo-controlled Study. Child Psychiatry Hum Dev, 48 : 796-806, 2017.
  • 3)Maneeton N, et al. : Aripiprazole in acute treatment of children and adolescents with autism spectrum disorder: a systematic review and meta-analysis. Neuropsychiatr Dis Treat, 14 : 3063-3072, 2018.
  • 4)Lamberti M, et al. : Head-to-Head Comparison of Aripiprazole and Risperidone in the Treatment of ADHD Symptoms in Children with Autistic Spectrum Disorder and ADHD: A Pilot, Open-Label, Randomized Controlled Study. Paediatr Drugs, 18 : 319-29, 2016.
  • 5)Coleman DM, et al. : Rating of the Effectiveness of 26 Psychiatric and Seizure Medications for Autism Spectrum Disorder: Results of a National Survey. J Child Adolesc Psychopharmacol, 29 : 107-123, 2019.
  • 6)Besag FM. : Epilepsy in patients with autism: links, risks and treatment challenges. Neuropsychiatr Dis Treat, 14 : 1-10, 2017.
  • 7)Martin AF, et al. : Co-occurring obsessive-compulsive disorder and autism spectrum disorder in young people: prevalence, clinical characteristics and outcomes. Eur Child Adolesc Psychiatry, 29 : 1603-1611, 2020.
  • 8)Potter LA, et al. : A Randomized Controlled Trial of Sertraline in Young Children With Autism Spectrum Disorder. Front Psychiatry, 10:810, 2019.
頭が働かない
寝つきが悪い
やる気が起きない
不安で落ち着かない
朝寝坊が多い
人の視線が気になる
職場に行くと体調が悪くなる
電車やバスに乗ると息苦しくなる
うつ病
強迫性障害
頭痛
睡眠障害
社会不安障害
パニック障害
適応障害
過敏性腸症候群
心身症
心的外傷後ストレス障害
身体表現性障害
発達障害
ADHD
テクノストレス
バーンアウト症候群
ペットロス(症候群)
更年期障害

問診票をダウンロードする


ネット予約する


院長コラム

このページの先頭へ戻る